読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低い系ダメ起業家の人生失敗しちゃったブログ

意識の低いダメ人間な起業家が、日々の愚痴、失敗談やたまに役立つこと(?)、他に政治経済に対する不満や悪口を書き連ねております。

売上は社会へのお役立ちの対価です

どうもでございます

意識低い系ダメ起業家でございます

嫌いな人はすぐに陰謀論を唱えだす人です

 

 

どうにも普通の精神状態じゃないからか

最近は何かにつけて周りに噛み付く(笑)意識低い系ダメ起業家なのですが

とはいえ、時には目からウロコとなるような金言を賜ることもありまして

そのひとつが今回の記事のタイトル

 

 

売上は社会へのお役立ちの対価です

 

 

なのであります

 

ひょんなことからお近づきになった社長様より聞いたもので

何でも、松下幸之助爺が生前に言ってたことらしいのですが

紹介してくれた実業家の方は続けてこうも言っていました

 

 

勤め人の給料は我慢の対価だけど

会社の利益は我慢の対価ではない

 

 

なるほどなぁ、と

そうですよね、私も勤め人の頃はイヤなことも辛いことも

ひたすら我慢して受け入れる日々でした

 

 

だって、お給料が貰えるんだもの

 

 

お金が簡単に頂けるものではない以上、「我慢」は給料に付きものですね

 

 

でも、会社はそうではありません

如何にイヤなこと、辛いことを我慢しようが、金にならんもんはなりません

何故なら

 

 

売上とは社会のお役立ちの対価(2度目)

 

 

だからです

決して、我慢の対価ではないんです

 

 

社会からすれば、私如きが頑張ってようが、辛いことに耐え抜いてようが

そんなことは知ったこっちゃないことです

社会にとって大事なのは、私が

 

 

社会に何を提供するか

 

 

ということです

 

もちろん、何某かで社会に貢献する上で我慢や頑張りが必要であれば

それは尊いものでありましょうが、でも

 

 

我慢や頑張りといったもの自体に

価値があるわけではないのです

 

 

ここを勘違いしてはいけません

 

 

で、結局、今回私が何を言いたかったかと言うと……

 

 

もうあんな意識高い系会合なんて行かねーよ!

 

 

ということでした

 

昨日行った会合が辛くて辛くて

意識高い系のオーラのおかげで体中がかゆくてかゆくてたまりませんでしたよ(笑)

で、次も来いと言われたわけですが、もう行きません

だって、売上は我慢の対価じゃないですからね

私は違う形で社会への貢献を考えます

 

 

何せ私は意識低い系なものでね(笑)

 

 

お読み頂いた方、どうもありがとうございます

良かったらまたきてください