読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低い系ダメ起業家の人生失敗しちゃったブログ

意識の低いダメ人間な起業家が、日々の愚痴、失敗談やたまに役立つこと(?)、他に政治経済に対する不満や悪口を書き連ねております。

嫉妬の炎で自分のカラダがコゲコゲですよ

おはようございます

意識低い系ダメ起業家です

休日の好きな過ごし方は、前日に飲みまくって二日酔いで寝込むことです

 

 

ダメな日々を過ごしていると

何かにつけて他人に嫉妬するようになっている自分に気付くわけです

 

 

特に年下

 

 

ちょーしのってんじゃねーぞ、若造が!

こちとら人生の先輩だぞ! 昭和生まれだぞ!

昭和天皇崩御の時はテレビが全部特番になってつまらなかったんだぞ!

 

 

はぁ……

ため息多いな、最近

 

いやね、成功している若者すべてに嫉妬するわけじゃないんですよ

スポーツ選手と芸術家(デザイン及び絵描き業全般)には

一切嫉妬することはない

 

例えば、昨日プロ野球ではクライマックスシリーズ

また大谷翔平投手が二刀流で活躍したみたいですが

 

 

すごいなぁ(小並感)

 

 

若い漫画家が大ヒット飛ばして億万長者でも

 

 

いいなぁ(小並感)

 

 

てなもんです

 

 

これは自己分析できてましてね

自分にはスポーツと芸術の素養が一切なかったので

そこでいくら活躍してようと成功してようと

 

それはそれ

 

自分とは全く関係ない別次元の話

ということで自分の中で処理ができているようで

素直に賞賛も贈ることができます

 

 

でも

 

成功している(←ココ大事)実業家とか

社畜や公務員でも年収1,000万もらってるようなヤツとか

他にも、学者とか、作家とか……

 

自分よりも若くて

今や昔の自分の、志した先にある成功を掴んでいる人間には

どうにも「いいなぁ」「すごいなぁ」だけでは済まない

ドス黒い感情が胸奥に渦巻いているのを自分で感じるわけです

 

 

年上だったらまだ素直に敬えるんですけど

年下のその手の成功者はホント無理!

うぎゃー! とか叫びたくなるわけです

 

 

ああ

 

 

生きててチュライなぁ……

 

 

せめてそんな自分とは違って

成功の道を歩み、社会に貢献ができている若者には

醜いやっかみなく、素直な賞賛を贈れるようになりたい

 

だって、なんかみじめだものww

 

自分がスポーツ選手や芸術家に贈っている

すごいなぁ(小並感)

を、そんな自分が目指した成功者にも本心から贈れる

 

せめてそんな大人になりたいものです

 

 

まぁそれ以上に

人生の一発逆転を望んでますけどねw

 

 

こんな駄文を読んでしまった方、お目汚し失礼しました

それでもよければ、またお目汚しされにきてください