読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低い系ダメ起業家の人生失敗しちゃったブログ

意識の低いダメ人間な起業家が、日々の愚痴、失敗談やたまに役立つこと(?)、他に政治経済に対する不満や悪口を書き連ねております。

日経新聞「私の履歴書」に見る、世の真理

こんにちは

意識低い系ダメ起業家です

リポD好きですが、買うのはチオビタです、安いので

 

 

日経新聞私の履歴書ってあるじゃないですか

あれ読んでてひとつの法則に気付きました

 

 

すべからく幼少期は裕福

 

 

当たり前だけど、登場する人はみな

若くても70近いおじいちゃん方なので

幼少期といえばもちろん戦前、戦中、もしくは戦後間もない頃

 

私はその頃生きてなかったんでw

実際どれだけ世間がビンボーだったかは知らないわけですけど

 

 

世間と比べて 

随分恵まれてんなぁ

 

 

そんなんばっかり

 

 

これはもう財界人、政界人、文化人

ジャンルに限らずいずれにしてもそう

 

ビンボーな幼少期で親の手伝いして家計を支えたとか

新聞配達してたとか……

 

そんな話全然出てこない

 

まぁ俺もそんなことやってねーけどさw

 

やってないからダメってことじゃなくて

小さい頃苦労して大成するなんて話は

結局幻でしかないのね

 

ってこと

 

 

社会って

時にキレイ事ばかりいって

真実をひた隠しにする性質がある

 

職業に貴賎なしとか

性的マイノリティへの配慮とか

ライフスタイルの多様化による独り身の立場向上とか

 

 

ぜんぶウソ

 

 

結局のところ

 

人は生まれながらに差がついてるのよ

そして差はどんどん広がっていくわけ

 

それを人のせいにして、社会のせいにするのが

今はやりのポピュリズム

でもそんなのはアホのやること

 

そんな世の構造に気付いた上で

自分の至るであろう階層を冷静に見つめ

 

それを受け入れるか、それとも抗うか

それはその人次第なんだな

 

 

読んでもらってありがとうございます

また次もよろしくおねがいします