読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低い系ダメ起業家の人生失敗しちゃったブログ

意識の低いダメ人間な起業家が、日々の愚痴、失敗談やたまに役立つこと(?)、他に政治経済に対する不満や悪口を書き連ねております。

左翼の「護憲の為の護憲」にウンザリ……てか「護憲」て言葉が変

こんにちは

意識低い系ダメ起業家です

好きなテレビ放送局はテレビ東京です

 

 

とりあえず

北朝鮮からミサイルが飛んでこなくてホッとしてもいますけど

油断はなりません

 

 

疎開の準備は

いつでもできていますよw

 

 

さておき

 

 

改憲と護憲について今回はちょっと書いておきます

 

 

先日の憲法記念日安倍総理から

 

2020年をメドに改憲を目指す

 

という宣言がありまして

 

左翼がギャーギャー騒いでますけど

 

その中の主張で最も滑稽なのが

 

改憲のための改憲に反対

 

みたいな話

 

蓮舫

自分のレガシーにしたいだけの改憲に反対

とか言ってたみたいですけど

 

オマエこそ

与党のやることにただ反対したいだけじゃん

必死に反対の理由探してご苦労様ですw

 

そりゃそんな輩を相手にするんだから

達成すればレガシーになりますよw

 

 

そもそも70年変わっていないものを変える労力というのは

変えないでそのままいる労力よりも圧倒的に大きい

 

 

左翼とすれば

 

あることないこと騒いでいれば

改憲の議論は前に進まず

 

結果として憲法改正に至らないということなわけで

つまるところ

 

 

左翼というのは

マトモな議論なんて

するつもりがない

 

 

ただでさえ話が通じない上に

議論するつもりがないというこの厄介さw

沖縄の翁長とかもそうだけど

左翼ってのは目的のために手段を選ばない恐ろしいヤツらです

 

そんなある種狂信的な連中の妨害がある中で

改憲をするということに大きな意義がある

 

何をどう変えるかは

この際問題ではありません

 

憲法を変えることができる

 

ということを示すことに

ということにものすごい意義がある

 

 

そもそも

憲法を改正しないことを「護憲」というわけですけど

 

 

「護憲」ってなんですかね?

 

 

なんで憲法を変えることが「悪いこと」前提なんですかね?

 

変えないで古い憲法を大事に推し抱くことが

憲法を護るってことなんですかね?

 

 

私は理不尽なことがとにかくキライで

 

話が通じないこと

話し合いができないこと

 

そういったことがイヤでなりません

 

 

左翼だろうとなんだろうと

政治家の端くれなら

せめて建設的議論ぐらいしてほしいもんですけど

 

 

今更そんなムダなコト

期待しませんけどねw

 

 

読んでもらってありがとうございます

また次もよろしくおねがいします