読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低い系ダメ起業家の人生失敗しちゃったブログ

意識の低いダメ人間な起業家が、日々の愚痴、失敗談やたまに役立つこと(?)、他に政治経済に対する不満や悪口を書き連ねております。

自分の目線を下げてはならない

反省

どうもこんにちは

意識低い系ダメ起業家と申します

嫌いな人は無責任に自分の都合だけ訴える下っ端です

 

 

生い立ちの続きを書こうと思ったのですが、やっぱりやめて(笑)

今日は起業してちょうど70日経過記念ということで(でっちあげ)

これまでの自分の反省を書いとこうと思います

 

 

反省なんて、それこそ小さなものを含めれば無数にあるわけですが

ひとつ上げるとすればこれでしょう

 

 

自分の目線を下げてはならない

 

 

私もたかが34の若輩者なわけですが

とはいえ34でして

社会に出てから12年が経過をしているわけです

 

 

12年て、結構な時間ですよね

干支が一周しているわけですよ

人だか猿だかわからんような赤ちゃんが、小学校卒業するぐらいですよ

 

 

だからそれなりにやってきた自負はあったわけです

(世間様からすると糞みたいなものですがねw)

 

それにより何が問題になるかというと

社会経験の浅い、もしくは皆無なコに対して

「今ドキの若いコは……」

みたいな話になるわけです

 

 

こんなのイヤですねw

 

前途ある若者からすれば

 

 

おっさんUzeeeeeeee!!

 

 

てなもんです

 

 

 

それぐらいの想像はついたもんだから

若者と手を取り肩組んで仕事するなら

それじゃイカンなぁと思い、そこは若者に迎合していたわけですよ

ちなみに若者と迎合っていいますのは

カラオケで若者ウケする歌を歌うみたいな話じゃないですよw

殊更大事な話とかをLINEとかでしちゃうみたいなやつです

 

 

勤め人の頃は、上司という権力を用いて

こんな野郎はぶっ潰せばいいわけですけどw

組織内ルールではこちらが正しいわけだし

少しぐらい恐れられていた方が都合も良かった

 

 

でも、同じ組織の部下じゃない以上、それやっちゃったら

 

 

おっさんUzeeeeeeee!!

 

 

 

で「おっさんさようなら~」となるわけですよね

 

そりゃイカンと

ここはオトナの包容力で若者を包み込んであげなきゃと

そういうのを全部受け入れ、ガマンをしていたわけですが

 

 

やっぱりそういう関係な長続きしない……

 

 

男女関係と一緒ですねw

 

ヘンに自分の目線を下げて迎合しても、齟齬は生じます

であれば、そんなことをすべきじゃなかった

 

40、50のお歴々の方々からすればまだまだ若輩者であっても

20代のコからすれば、自分はおっさんなんだということを

しっかり受け入れて……つまるところ

 

 

おっさんUzeeeeeeee!!

 

 

 

をしっかり受け入れた上で

然るべきおっさんとしてのうざい付き合いをしていくべきだったと思います

 

 

これはまぁ、以前にも書いた

裏切られた元協業相手から得られた教訓だったりするわけですが

要するにどういうことかというと

 

 

ヤツにはもっと

エラそうに振る舞っときゃよかった……

 

 

ということですねw

 

 

お読み頂き感謝です

また次も是非にお越しください